読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アジア・フリーク(Asia Freak)

タイを中心にアジア探索の記録

アンコール遺跡2016年12月

  2016年末は再びアンコールワットと周辺の遺跡へ。

 

  カンボジアプノンペンが2度、シェムリアップが4度、バッタンバンが1度、そしてアンコールワットは2度行っている。

  古い遺跡には、それほど興味がないけど、カンボジアのクメール、アンコール遺跡には何か惹かれるものがある。

  惹かれる直感的な理由を整理すると2点ある。

  1. デザイン:幾何学的な紋様と建築の美しさ。
  2. 描写:信仰や王権と繁栄の表現と併せて、壁画彫刻などに描写される庶民生活や遊び心の現れに人間味と親しみを感じる。

  イスラーム建築のように、幾何学的な紋様の美しさも好きだし、エジプトのピラミッドに描かれる壁画のように信仰や王権を物語る描写も素晴らしいと思うけど、魚や動物などと共に庶民生活が描かれたり、(カンボジアの文化では行儀が悪いとされる)歯を出して笑う女神など、重要な意義ある建築物に遊び心がある要素も多く描かれるところに、建設当時の社会は、権威で窮屈になっているというよりかは、遊び心が罷り通る幅のある人間社会だったのでは、という印象を受け、親しみが湧く。

 

Itinerary / 旅程

 

12月27日(火曜日)
03:15 Lumphini Park
          ルンピニ公園のカジノバスのバス停
04:30 カジノバス始発出発
08:15 サケオ県アランヤプラテート国境着
08:30 朝食
08:55 タイ出国(サケオ県アランヤプラテート国境)
09:15 カンボジア入国(バンテイメンチェイ州ポイペト国境)
09:30 タイ側国境で手配したタクシーで出発(THB500/一人)
12:30 シェムリアップ州、ナイトバザール周辺のホテルにチェックイン

***

14:30 Preah Ko(プリア・コー)
15:00 Bakong(バコン)
15:50 Kampong Phluk(コンポン・プルック)~Tonle Sap(トンレサップ湖)ボートクルーズ出発

 

12月28日(水曜日)
05:00 ホテル発
05:30 Angkor Wat