読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アジア・フリーク(Asia Freak)

タイを中心にアジア探索の記録

「ブスだから乗車拒否」 下車させ暴力 バンコクのタクシー運転手に罰金 | newsclip (ニュース、社会のニュース)

  タクシーが乗車拒否した理由を、容姿のせいだとは酷い。

  ペナルティが、2,000バーツの罰金と3時間の講習というのも、腑に落ちない。

  金額の適正はさておき、2,000バーツを被害者への慰謝料とするならまだしも、罰金ということは、政府の収入。

  このペナルティでタクシードライバーが改心したかも不明。

  改善するための実質的な法整備、行政改革をしてほしい。

 

  また、アンケート調査でタイのタクシー評価が非常に低いとはいえ、中には丁寧で、親切なタクシードライバーも多くいる。

  タクシーサービスについて、全体的な評価(統計結果)と、個々のタクシーサービスは、別次元の話しだという認識も必要だ。

 

「ブスだから乗車拒否」 下車させ暴力 バンコクのタクシー運転手に罰金 | newsclip (ニュース、社会のニュース)

【タイ】タイ運輸省陸運局は20日、バンコクのタクシー運転手のタイ人男性に対し、乗客に暴言を吐き、強制的に下車させた上、暴力を振るったとして、2000バーツの罰金を科し、タクシーサービスに関する3時間の講習受講を義務付けた。

 この運転手は19日夜、バンコク都内で乗車したタイ人女性が「昨日はタクシー10台に連続して乗車拒否された」と話しかけたところ、「ブスだから乗せないだろ」と返答。同乗したタイ人男性がこの発言に抗議すると、2人をその場で下車させた。しかし、女性がスマートフォンでタクシーを撮影していることを知り、自分も車を下りて、男性に殴りかかった。通行人らが間に入ってけんかを止め、乗客の男女は現場から立ち去った。

 被害に遭った女性は、このタクシーに乗車する前から、乗車拒否を通報するため、スマホで撮影を続けていた。運転手の言動の一部始終を撮影した動画をインターネットの交流サイト(SNS)に投稿し、陸運局に被害届を出した。

 バンコクのタクシーは粗暴な振る舞いや乱暴な運転、運賃のごまかしなどで評判が悪い。世界最大の旅行口コミ情報サイト、トリップアドバイザーが口コミ情報をもとにまとめた2014年の「旅行者による世界の都市調査」で、バンコクは「タクシーの運転手は親切だったか?」という質問で調査対象の37都市中31位だった。タイのバンコク大学が2014年にスワンナプーム空港で外国人を対象に実施したアンケート調査でも、タクシーはタイ旅行の最大の問題と指摘された。