読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アジア・フリーク(Asia Freak)

タイを中心にアジア探索の記録

ブン・チャー・ゾー(Bún chả giò)

f:id:asiafreak55:20170408113320j:plain

 

2017年4月8日(土曜日)

 

  ハティン市場(Chợ Hà Tĩnh)にある大衆食堂。

  昼時だったからか、結構、賑わってる。

f:id:asiafreak55:20170408113241j:plain

 

  ブン・チャー・ゾー(Bún chả giò)を注文。

  ブン・チャー(Bún chả)は、つけ麺。

  ブン(Bún)という名前の米粉の丸太麺が主役。

  トッピングとして、揚げ春巻き(ネム・チャー・ゾー Nem chả giò)を加わえた料理がブン・チャー・ゾー(Bún chả giò)。

  揚げ春巻きには、種類がいくつかあり、ここで出してる揚げ春巻きの種類は、ベトナム人にとって一番美味しい種類とのこと。豚肉のミンチを詰めて揚げてあり、サクサクとして美味しい。バンコクベトナム料理店で食べた時は、脂っこすぎて、ベトナム人は嫌がっていたけど、本場の揚げ春巻きを食べると、その気持ちはよくわかる。

  ここのブン・チャー・ゾー(Bún chả giò)は、病みつきの美味しさ。

 

★食べ方

1、薄いライスペーパーを手に取る。

2、レタス、パクチーなどの野菜をライスペーパーに乗せる。

3、更に、揚げ春巻き(ネム・チャー・ゾー Nem chả giò)、キュウリ、ブン(Bún)を乗せる。

4、くるくる巻く。

5、漬けダレに漬けて食べる。

f:id:asiafreak55:20170408114208j:plain

 

  巻いてすぐ食べれば、ライスペーパーのサクサク感が味わえる。

  巻いて少し(30秒程)置けば、野菜の水分でライスペーパーが、しっとりと具に巻き付いて、美味しい。

 

  初めて食べる漬けダレは、魚醤(ヌオクマム Nước mắm)が若干強めだったけど、これもクセになる。

 

  米粉麺をパリパリのライスペーパーで巻いてるので、触感としては、揚げ春巻きを海苔で巻いた寿司ロールといったところ。

f:id:asiafreak55:20170408114221j:plain

 

★場所

ハティン市場(Chợ Hà Tĩnh)