アジア・フリーク(Asia Freak)

タイを中心にアジア探索の記録

タイの病院 〜 他人のIDでも受診可能!?

  タイのビックリ事情に、また遭遇。

 

  日本での身元確認が常識だと思っていると、タイでは非常識なことがありふれている。

  そんな驚きの事例に出くわした。

 

2017年9月26日

  とあるベトナム人 QM(25歳)は、普段、気の抜けた生活態度と不摂生が祟り、ヂェップ・コー(เจ็บ คอ jèb KHɔɔ 喉が痛い)と2日ほど寝込んでいる。

  その癖、夜な夜な遊びには出かける。

 

  見ていると、毎月1回、ヂェップ・コーと言っている。

  その都度、タバコと酒を止めるように言ってはいるが、些細な欲望の世界から抜け出せない(抜け出す意志もないサバーイ・サバーイな)人生をおくっている。

 

  まさに仏教哲学で分析される「六道輪廻」の世界。

  平たく言うと、自己規律が働かず、外的要因に一喜一憂するような、低次元の欲望に囚われた生命状態。 六道 - Wikipedia

  イスラーム哲学では、内的ジハード(自己努力)という用語がある。他者や環境に規律を求める外的ジハードより、内的ジハードの方が重要と説かれる。外部に規律を求める戦闘などより、自己を高め、言論で平和裏に社会に働きかけることの方が、より高度で崇高とされる。

  また、六道輪廻の低次元を彷徨って、混沌として、大切なことを見失っている状態を、イスラームではジャーヒリーヤ(無知)といっている。

 

  まさにジャーヒリーヤ時代を謳歌している QM 。

  喉の薬を買っていこうか、とメッセージを打ったけど返答が無い。

  そうこうしてるうちに QM が帰宅。

  ヂェップ・コーが酷く、チュラロンコーン病院まで行ってきたという。

  ウチの裏にも、それなりに大きな病院があるのは知っているはずだけど、何故、チュラロンコーン病院なのかは分からない。

 

  たくさん薬をもらって、全部で2,000バーツも掛かったらしい。

  見ると安く市販されている薬が半分。夜間診療の料金がかさんだんだろうか。

  必要最低限の薬を薬局で買えば500バーツもしなかったと思うよ、とは言っておいた。

 

  要は、原因は、ジャーヒリーヤな日常生活だろうから、市販の薬を買って、不摂生を止めればいいだけだ。

 

f:id:asiafreak55:20170928032735j:plain

  まず驚いたのは、薬の袋に書いてある名前。

  QM の名前ではなく、TR の名前だ。本人曰く、TR のパスポートで受診したとのこと。

  自分のパスポートがあるのに、何故、他人のパスポートを使うのか。

  パスポートの写真と受診者の顔が違うのに、チュラロンコーン病院ともあろう病院で、そんなことが罷り通るのか。

  ちなみに、TR が、まだタイに居たことにもビックリ。

  TR は、2週間前の夜、道でバッタリ会い、既に酔っぱらっていた状態で、

『明日、ベトナムに帰るから、これから飲みに行こう。金はTR が払うから。』

  と絡んできた。

  更に根性腐ったクソガキ達もやって来たので、交差点で違う方向に歩いて、そのままバイバイした。気付いた TR が遠くから何やら叫んでいたけど、近くの警察官が何事かと見ていたので、酒に呑まれるような質の悪い人間には関わらないのが賢明。

 

  更に驚きは、受診者の診察カードは、LH のものだった。診察カードには、写真と名前が入っていて、実際の受診者とは、明らかに違うのは、見て分かるだろうに。

 

  整理すると、

  受診者は QM で、身分証明書として、TR のパスポート、LH の受診カードを提示して、受診し、薬が処法された。

 

  輸血が絡む診療であれば、恐ろしい結果になるだろうと、混沌としたジャーヒリーヤなタイの病院事情にはビックリする。