アジア・フリーク(Asia Freak)

タイを中心にアジア探索の記録

お茶

  タイやベトナムの東南アジアでは、お茶、ハーブなど、自然の食材を効果的に利用して健康維持を図る文化もよく知られている。

ชา CHaa チャー:tea、茶
สมุนไพร sàmǔnPHrai サムンプらイ:herb、ハーブ


  ここで、お茶について、概要を整理してみる。

 

  Wikipedia タイ語版では、簡潔に下記の説明がある。

ต้นชา (ชื่อวิทยาศาสตร์: Camellia sinensis) เป็น พืช ที่ นำ ใบ และ ยอดอ่อน ไป ผลิต เป็น ชา จีน
茶の木(学名:Camellia sinensis)は、葉や新芽を以って、中国茶を製造する植物である。

 

  お茶は、「茶の木、チャノキ」と呼ばれる木から採取した葉や新芽からつくる。

  チャノキは、タイ語でも、木を意味する ต้น tôn という語が使われている。

ต้น ชา
tôn CHaa
とン・チャー
木・茶 → 茶の木
tea plant、tea shrub、tea tree

 

เป็น พืช
pen PHʉ̂ʉCH
ぺン・プーと
〜である・植物 →植物である
เป็น pen は、属性や要素を表す。「お茶は、植物である。植物に属する。植物という要素をもっている。」

 

ที่ THîi ティー:【関係詞】〜であるところの
※ ここでは、「お茶を製造するところの植物」というように、「植物」という語に続けて、どんな植物なのかを説明するために使われている。

 

นำ ใบ และ ยอดอ่อน ไป ผลิต
nam bai lǽ yɔ̂ɔdɔ̀ɔn pai PHàlìt
ナム・バイ・レ・ヨーとオーン・ぱイ・パリっと
導く・葉・そして・新芽(← 尖端・若い)・行く・製造する
葉と新芽を導いていって製造する
→ 葉と新芽を以って製造する
นำ A ไป B nam A pai B:Aを以ってBとする、Aを用いてBとする

 

ชา จีน
CHaa jiin
チャー・ぢーン
茶・中国 → 中国茶


  『お茶の科学』によると、お茶は、

「茶」と書いた場合には茶葉や飲みもののことを指し、

「チャ」と表記したときには植物のこと、茶樹を意味する。

 

  「チャノキ」には大きく2種類、中国種とアッサム種とがあり、お茶として活用されている。

  中国種は、寒さに強く、中国南部、ダージリン地方、台湾、セイロン島中央の山地など高所の栽培に向いている。

  アッサム種は、インドのアッサム地方、スリランカなど湿潤な地域での栽培に向いている。

 

  茶は、加工の方法(発酵のさせ方)により、様々な種類がある。

  中でも、世界的に知られているのは、酸化発酵を行わせた紅茶と行わせない緑茶である。

  いずれの種類もチャノキの葉や新芽を用いたもので、大きく6種類の区別がある。
6種類の区別のほか、花の香りを茶葉に移した花茶がある。

  また、この6種類と花茶は、何かしらの処理をしたものだが、摘み取った葉を何の処理もせず、生の葉や花、果実そのままに熱湯を注いで飲む茶もある。

緑茶:不発酵茶。日本茶、煎茶、抹茶など。
白茶:弱発酵茶。台湾で試飲した際、味が薄く、お湯を飲んでいる感覚に近かった。
黄茶:弱後発酵茶。
青茶:半発酵茶。烏龍茶など。
紅茶:完全発酵茶(全発酵茶)。
黒茶:後発酵茶。プーアル茶など。
花茶:花で茶に香りを付けたもの。ジャスミン茶、蓮茶など。
その他:薔薇花茶ローズヒップ、ハイビスカスティー、ベルノキ(bael)など。

ชา เขียว チャー・キアオ:茶・緑 → 緑茶
ชา ขาว チャー・カーオ:茶・白 → 白茶
ชา เหลือง チャー・ルアん:茶・黄 → 黄茶
ชา อูหลง チャー・ウーロん:茶・ウーロン → 青茶
ชา แดง チャー・デーん:茶・赤い → 紅茶
ชา ดำ チャー・ダム:茶・黒 → 黒茶

 

ชา หมัก チャー・マッぐ:茶・発酵 → post-fermented tea。1年などの長期間発酵させた緑茶。
ชา ผสม チャー・パソム:茶・混ぜる → Blend Tea。花茶など。
ชา ปรุง รส チャー・ぷるん・ろっと:茶・混ぜる・味 → Blend Tea。花茶など。

Ref. 茶 - Wikipedia


  6種類のお茶は、中国、台湾では、お茶専門店で試飲、購入できる。

  ジャスミン茶花茶)は、タイ、台湾でもよく飲まれ、コンビニでも無糖ジャスミン茶のペットボトル500mlも買える。

  蓮茶(花茶)は、ベトナムの特産品として、Big C、スーパー、ローカルマーケットなどで買える。安いものだと60gあたり5,000ドンほどで手に入る。安価な蓮茶は、蓮の花だけでなく、ジャスミンで香りを補強したもので、香りも良く、十分リラックス効果もあって美味しい。

Ref.

tabiette.com

 

  タイでは、ハイビスカスティーは露天でもよく見かけ、ベルノキのお茶は、マッサージ店で出しているところも多い。

 

  お茶の分類を概観し、アジアだけでなく、欧米、中近東など、世界のお茶を楽しみながら、上手く自然の力を吸収して健康な日々をおくれるといいと思う。