アジア・フリーク(Asia Freak)

タイを中心にアジア探索の記録

バンコク ワクチン接種1回目 経過観察

2021年8月6日(金曜)

 

クロントゥーイ市場の斜め向かいにあるMedParkにてAstraZeneca社のワクチン接種

 

10:20

事前に案内があったThe PARQに駐車し、MedPark病院で受付。

血圧を測って、番号が呼ばれるまで待機。

ざっと30人ほどの人たちが待機している状況。

自分の193番が呼ばれるまで20人ほどおり、20分ほど待った。

 

10:45

番号が呼ばれたら、前方の受付でパスポートと簡単な問診票に記入し、すぐ接種。

 

10:50

上腕筋に接種するため、服をまくってくださいと言われて、

長袖のシャツが方のところまでまくれなかったので、

シャツのボタンを外して、方からシャツをめくるようにして接種。

次回は、半袖と日焼け対策の長袖シャツを着るようにしないと、と思う。

 

ワクチン接種は、ほんの一瞬、1秒程度。

痛くないと聞いていたけど、針を刺すときにチクっとした痛みはあった。

 

10:55

接種して、すぐに打った場所が軽くズキズキしてたので、30分ほど待機。

接種後、接種書類を受付に渡すと、30分後に呼んでくれる。

最後に血圧を測って、病院から帰宅。

 

21:00

全体的に倦怠感。

風邪の前兆のようなだるい感じ。

 

22:00

全体的に発熱、悪寒が始まる。

体内で抗体を作ってるかと思うので、風邪の時みたいに、倦怠感に負けないようなメンタルを心掛ける。

※風邪は、2013年以来引いてないので、懐かしいけど、ジワジワくる嫌な倦怠感。

 

01:00

悪寒、頭痛が発生。

気を抜くと症状が重くなるかも。

 

08:00

悪寒、頭痛、発熱が治まりはじめる。

 

09:00

1時間でかなり楽になってきた。

肩や節々が凝ってる感覚だけ。

ゴースト・ラボ:禁断の実験


www.youtube.com

 

ゴースト・ラボ:禁断の実験 - Wikipedia

 

■主演

研修医ウィー วี Wee(ธนภพ ลีรัตนขจร タナポップ・リーラッタナカジョーン;ニックネーム:ต่อ トー)

研修医グラー กล้า Glaพาริส อินทรโกมาลย์สุต パーリス・インタラゴーマーンスット;ニックネーム:ไอซ์ アイス)

※「子音+ラ行(RまたはL+母音)」は、話し言葉ではR/Lが発音されないため、กล้า Gla(ぐラー)は、ก้า Ga(がー)と発音されている。

 

■ストーリー

 幽霊の存在を科学的に追及してきたグラー。非を科学的だとして幽霊の存在を信じないウィー。ある時、二人はともに幽霊目の当たりにする。その後、母の死にトラウマをもつウィーは、母の幽霊に出会うことで、死後の世界と幽霊が出現することを証明するため、自分が死んで、証明実験を行おうとする。

 トラウマに支配され、自ら死んで証明実験をしようとするウィーに対して、幽霊や死後の実験に巻き込んだ責任を感じたグラーは、死んで実験台となるのは自分だと言って、親友の二人は口論する。

 どちらが実験台として死ぬのか。

 この場面で遣り取りされる表現。

 

■セリフ

งั้น เอา ให้ มัน แฟร์ ไป เลย เว้ย
ŋán 'ao hâi man fææ pai ləəi wə́i
がン・アオ・ハイ・マン・フェー・ぱイ・ルーイ・ウォイ
じゃあ、取る・~させる・それ・フェア(公平)・いく・【強調】・~だぜ
じゃあ、フェアにしようぜ

 

★表現
เอา ให้ 'ao hâi+主語+述語+ไป pai
直訳は「(主語+述語)にさせることを取る」で、
意味は「(主語+述語)ということにしよう」。
ここでは、「それ(実験台として死ぬのを決めること)がフェアであることを取る」
→「フェアにしよう」という意味。

 

「フェア」は、セリフは英語の「fair フェア:แฟร์ フェー」を使っているけど、タイ語字幕では「ยุติธรรม yúttìTHam ユってぃタム:公平」となっている。

 

ถ้า ออก หัว กู ไป แต่ ถ้า ออก ก้อย มึง ไป
THâa ɔ̀ɔg hǔa guu pai tæ̀æ THâa ɔ̀ɔg gɔ̂ɔi mɯŋ pai
ター・オーぐ・フア・ぐー・ぱイ・てー・ター・おーグ・ごーイ・ムん・ぱイ
もし・出す・頭・俺・行く・しかし・もし・出す・尻尾・おまえ・行く
もし頭が出たら俺が(死んで)行く、でも、もし尻尾が出たらお前が(死んで)行け

 

コインを出して、表と裏、どちらが出るかでフェアに決めようという話し。
コインの表を「หัว hǔa フア:頭」、裏を「ก้อย gɔ̂ɔi ごーイ:尻尾」と言っている。

日本語では「表が出る」と自動詞で表現するけど、

タイ語では「頭を出す」と他動詞で表現している。


ผล ออก มา เป็น ยังไง มึง ก็ ต้อง ยอมรับ
PHǒl ɔ̀ɔg maa pen yaŋŋai mɯŋ gɔ̂ tɔ̂ŋ yɔɔmráb
ポン・オーぐ・マー・ぺン・ヤんがイ・ムん・ごー・とん・ヨーむらっぷ
結果・出る・くる・~である・どう・おまえ・~しないといけない・認める
結果がどうあれ受け入れろよ

 

■感想

 いろいろ突っ込みたくなる展開が多い。

 狂気シーンを終始散りばめるというお決まりの構成。

 良く言えば研究に没頭する研修医。冷静に言えばあと先考えていないお間抜けさん。

 その言い方は酷い!というセリフが気になったりしながら、強引に切り貼りしたように終わる。

BTS 60番目の新駅セント・ルイス駅

www.timeout.com

 

 BTS シーロム線で何年も前から話しがあった60番目の新駅(チョンノンシーとスラサックの間)の駅が試験開通したようです。


 名前は、暫定的に「セント・ルイス駅」。

 駅前には、ローマ教皇フランシスコが2019年11月21日に訪問したキリスト教系のセント・ルイス病院がある。

 

Google Maps BTS Saint Louis


 数年前、この駅が開通する替わりに、サパーンタクシン駅が閉鎖されるという話もあった。
 サパーンタクシン駅は、チャオプラヤー川のサトーン船着き場があり、今では、アジアティークや高島屋があるショッピングモールIcon Siamまでの渡し船の拠点でもあるので、サパーンタクシン駅の閉鎖はありえない。

 チョンノンシー駅とサパーンタクシン駅は、約2キロ、のんびり歩いて30分ほど。
 この二駅の間に、新駅セント・ルイス駅とスラサック駅があるので、しょっちゅう停車することになる。


 噂では、セント・ルイス駅の前に、Richmond Hotelか何かができて、駅と直結するということも聞いたけど、Richmond Hotelは影もなく、直結しているビルも無い。


 この短い間隔で駅をつくったのは、どんな背景があるのだろう。

バンコクの水道水 海水で塩分濃度が上がる

 2021年1月からバンコクの水道水が、海水上昇の影響で塩分濃度が上がるというニュースが出ている。

 2021年2月3日朝、起きて歯を磨くとき、水道水に塩分を感じた。

 リアルタイムで水道水の塩分濃度、phなどを確認できるマップがある。

 アソーク周辺は、23時時点、1リットル当たり1gと出ている。

マップ

www.khaosodenglish.com

 バンコクの水道水は、チャオプラヤー川上流にあるダムの水を使っているが、川やダムの水量が少ないことで、海水が多く混じる状況にあり、水道水の塩分濃度が上がっているという。

 Metropolitan Waterworks Authorityの各支店で、午前8時から午後8時まで、無料給水のサービスをしている。

 Metropolitan Waterworks Authority offices branches:

Suvarnabhumi, Minburi, Samut Sakhon, Bang Khen, Sukhumvit, Phra Khanong, Phaya Thai, Maen Sri, Lat Phrao, Prachacheun, and Soi Samakkhi 30.

タイ不法越境、(ベトナム人)来年っていつ?

■タイ不法越境

 2020年3月、COVID-19の感染拡大防止のため、タイの近隣国は国境を閉鎖し始めた。

 タイとラオスカンボジアは3月23日、ベトナムラオスカンボジアは4月1日に正式に閉鎖。

 タイ国内は、COVID-19の感染拡大防止のため、あらゆる業種で営業停止、営業規制、外出制限が始まり、タイに出稼ぎ(不法就労)に来ていた近隣国からの多くの人たちは、いきなり収入が無くなった。

 事前に国境閉鎖の情報を察知して、タイのカンボジア人、ベトナム人などは、国境閉鎖までの短期間に急いで自国に帰った。

 

 その後、数か月して、タイ国内の感染者数が落ち着くと、陸続きの近隣国から、閉鎖しているイミグレを介さず、タイに出稼ぎに来るため不法入国する人たちが増え始めた。

 タイと国境を接しないベトナムからの不法入国者もいる。

 イミグレを通らないので、不法越境者は、パスポートを持っていないことが多い。

 一部は、逮捕されて報道で表にでるものの、不法越境を斡旋したり、山や川を渡って越境する人たちは絶えなかった。

 タイ政府は、長い国境をすべて監視することは現実的に不可能、国民の協力が必要だ、と言ったが、不法越境を斡旋しているのは、一部、ポケットマネーを稼ぎたい国境を管理するイミグレや軍の関係者であろうことは皮肉に思える。

 

 タイ国内の感染者は、国外からの渡航者数人が感染しているケースを除いて、国内感染者はほぼゼロだったところ、不法越境の感染者がチェンマイなどで見つかるようになり、2020年12月19日、特にミャンマーからの不法越境者が多いサムットサーコーン県で548名の新規感染者が見つかったという報道が出た。

 サムットサーコーン県と接するバンコクでも新規感染者が出るようになり、タイ政府は、再び、特定業種の営業停止、営業規制、県間移動の規制などを始め、接触感染のリスク低減のため、可能な限り在宅ワークの要請をした。

 多くの企業は、在宅ワークを再開し、1月中は商談など外部との対面を禁止、制限している。

 行政は、オフィスワークの人数を制限し、行政サービスに遅延が出ており、可能な限りオンラインでの遣り取りを推奨している。

 

 1月28日、タイ国内の新規感染者は756人で、そのうち724人は、サムットサーコーン県で、710人は出稼ぎ外国人、14人はタイ人とのこと。

新型コロナ 新規国内感染が746人 大半がサムットサコン県の出稼ぎ外国人 1月28日発表

 1月29日は、新規の市中感染者692人中686人がサムットサーコーン県。

802 new Covid-19 cases

 新規感染者の状況が落ち着き始めたエリアは、徐々に規制が緩和、解除され、バンコクでも1月22日からは営業規制が緩和、1月29日には、最も感染リスクの高いエリア指定はサムットサーコーン県のみが残り、バンコクパタヤーでは、アルコールを除く店内飲食は、6時から21時までだったのが、23時までに延長された。

 

 バンコクで目にするのは、多くの店舗が閉店し、多くの人が失業している状況。

 不法越境でポケットマネーを稼ぐ不法斡旋業者、不法に出稼ぎ労働者を集めて自分だけでも利益を得ようとする経営者など、あとはどうなっても知らないとする一部の人間のために、多くの人が経済的に苦しむ状況になっている。

 困難にある国民、市民の状況に応える政治が求められている。

 1月19日、カンボジアにいるカンボジア人に聞いたところ、不法越境の斡旋は自粛されていて、不法越境しずらい状況とのこと。

 

■(ベトナム人)来年っていつ?

 ベトナムに帰ったベトナム人TRから何度か「金を貸してほしい」という連絡があった。

 1月23日、「来年返すから金を貸してほしい」といわれ、4,000バーツを送金した。

 これで計10,000を貸すことになったので、「貸すのはこれで最後」と言った。

 奥さんと子供2人(1歳と3歳)がいて、ベトナムの田舎では仕事が無く、病院などにいくのに金がないとのこと。

 

 実際の遣り取り。

 ※出稼ぎベトナム人は、3ヵ月もすれば簡単なタイ語会話ができるようになるけど、多くは耳学習なのでタイ語の読み書きはできない。

 このTRは、ベトナム語にもある -ng /ŋ/ を、いつも g だけで表記するのは、方言の影響だろうか。

 ベトナム語スペリングを使ったタイ語誤表記あり)、タイ語の正しい音声表記、タイ語

Xa bai di may | sabaai dii mái
TR may mi tag chai hay thanakan | TR mâi mii taŋ jàai hâi Thanaakhaan
TR kho dum ich 4000 dai may | TR KHɔ̌ɔ yɯɯm ìig 4000 dâai mái
Bi na ma tham ngan TR chai hay | pii nâa maa THam ŋaan TR jàai hâi
Thog mot 10000 na | THáŋmòt 10000 ná
Hay dom do leu, may day ic leu na | hâi yɯɯm yə́ lǽæu, mâi dâai ìig lǽæu ná
Khap phom | KHáp PHǒm
Khop phun khap | KHɔ̀ɔp Khun KHáp
สบายดีไหม | 元気?
TR ไม่มีตางค์จ่ายให้ธนาคาร | TRは銀行に払うお金がありません。
TR ขอยืมอีก 4000 ได้ไหม | TRに4000(バーツ)貸してくれますか。
ปีหน้ามาทำงาน TR จ่ายให้ | 来年働きに来て、TRは払い(返し)ます。
ทั้งหมด 10000 นะ | 全部で10000ね。
ให้ยืมเยอะแล้ว ไม่ได้อีกแล้วนะ | もうたくさん貸してるから、これ以上は駄目ね
ครับผม | 承知しました。
ขอบคุณครับ |ありがとうございます。

 

 1月29日、何度もLINE電話があった。要件は、テト(ベトナム正月/中国春節 2021年2月12日)に向けて、買い揃えるための金が無いので、7、8,000バーツを貸してほしいとのこと。

 話を聞くと、これまでに銀行から20万、30万(バーツ)ほど借りているとのこと。

 借金を続けるだけでは、貧困の連鎖でしかない。

 タイでの出稼ぎといっても、何かスキルアップを目的としてもいないので、お先真っ暗だ。

 テトのお祝い事ということもあり、2度目の「これが最後」ということで、4,000バーツを送金した。

 

 「前にいろいろ借りた分も、時間掛かっても、返してきたでしょ。だから信じてほしい。来年タイに働きに出れるようになったら、必ず返すから」という。

 今は1月。またまた「来年」っていうけど、1年先?随分先だな、、、と思っていた。

 今回、LINE電話で話を聞いていて、「来年」の意味が分かった。

 TRは、2月のテト(中国正月)を基準に1年を考えていた。来年というのは、テトが終わって、タイに入国できるようになったらという意味だった。

 

 タイでは、夜に食事に行く話をタイ人としていると、「3時」とか言ってくる人が未だにいる。

 タイ語では、7時を1時として5時までカウントする言い方がある。特に19時から23時は、1時から5時ということが普通。ただ、午前7時から11時は、1時から5時という言い方があるものの、普段聞くことはない。

 タイでも2月の中国春節のお祝いはあり、更に、仏教に由来する4月のソンクラーンをタイの1年の変わり目として盛大にお祝いするものの、経済的には1月1日を新年とするので、ソンクラーン後を「来年」と言うことはない。

 

 各国、文化が違い、知らないと、同じ言葉でも意味が違い、誤解することがある。

在タイ日本国大使館 - 新型コロナウイルスに関するお知らせ(非常事態令第9条に基づく決定事項(第15号))

在タイ日本国大使館


2020年12月26日 15:25


新型コロナウイルスに関するお知らせ(非常事態令第9条に基づく決定事項(第15号))

 

バンコク西隣サムットサコーン県での新型コロナウイルス感染者発生以降の国内感染拡大状況を受け、12月25日、タイ政府による対応策の基本方針(決定事項第15号)が官報に掲載されました。
・当館において作成した、官報主要部分の日本語仮訳は以下のとおりです。
・今後、各都県における各種措置が発表される可能性もありますので、関連情報の収集に努めてください。

 

【主要部分の日本語仮訳】
仏暦2548年非常事態における統治に関する勅令」(非常事態令)第9条に基づく決定事項(第15号)

3月26日付のタイ王国全土を対象とした非常事態宣言の発令、および8度目となる明年1月15日までの同宣言の適用期間の延長に関し、非常事態令第9条および仏暦2534年国家行政規則法第11条に基づき、首相は一般的な決定事項、および全ての当局職員の行動規則として、次のとおり発令する。

第1項 コロナ感染の危険性が高い場所の使用ないし進入の禁止
バンコク都知事、各県知事ないし感染予防担当官が、感染拡大の防止及び抑圧のために感染症法に則して告示ないし指示したコロナ感染の危険性の高い場所ないし移動手段に関し、これらの使用、進入ないし滞在は、これを禁ずる。

第2項 コロナ感染の危険性の高い場所の閉鎖
バンコク都知事および各県知事に対し、感染の危険性が高い場所および既に感染が拡大している場所について、一時的に閉鎖することを検討し、感染症法にて付与された権限に基づいて指示を発出せしめる。

第3項 集会の禁止
コロナに関する非常事態の国家安全保障部門の責任者が定める地域において、密集する場所ないし秩序の乱れを惹起する恐れのある行為に係る集会、活動ないし寄り合いは、これを禁止する。

第4項 外国人労働者の旅行および移動
当局職員に対し、新型コロナウィルス感染症(COVID-19)感染拡大防止措置緩和検討特別委員会の提案に基づいて首相が定める措置に則し、外国人労働者の旅行および移動について、監視、調査およびスクリーニングを実施せしめる。

第5項 感染防止措置の実施及び執行
仏暦2563年(西暦2020年)6月30日付政府決定事項第11号(規制の緩和及び予防措置)および8月31日付政府決定事項第14号(追加的緩和措置及び予防措置)に則した感染予防の措置について、全ての民間部門によって実施されるよう、当局職員、感染予防担当官および関係者は活動するものとする。

第6項 調整
タイ国家安全保障会議事務局長官が責任者を務める政府対策本部執行センターは、当局職員、政府機関および政府対策本部傘下の各機関による連携および協力を含め、当局職員および関係機関による各種措置の執行について、その運用、督促ないし追跡の役割を務める。
民間の活動および本件決定事項に定める当局者に関して生ずる問題については、政府対策本部執行センターおよびCOVID-19感染拡大防止措置緩和検討特別委員会に協議せしめる。

第7項 感染予防措置が統一的に定められるために、バンコク都知事ないし各県知事による上記第1項ないし第2項に則した告示もしくは指令は、首相ないし政府対策本部が定める措置もしくは方針に則したものとする。
救急救命医療センターおよび内務省コロナ対策本部は、政府対策本部執行センターから首相に提案し、政府対策本部が決定した方針および条件に則して、新たな感染拡大の防止の解決および準備のため、追加的な地域の指定について協力して分析および決定を行うものとする。

第8項 非常事態解決のために過去に発出されたバンコク都知事ないし各県知事による告示もしくは指令は、別途の決定、告示ないし指令が発令されるまで、効力を有するものとする。

以上の内容は、仏暦2563年(西暦2020年)12月25日以降適用される。

仏暦2563年12月25日 
プラユット・チャンオーチャー 陸軍大将 首相

・官報原文(タイ語
http://www.ratchakitcha.soc.go.th/DATA/PDF/2563/E/302/T_0068.PDF

 

在留邦人及び滞在者の皆様におかれては、引き続き感染予防に努めてください。
なお、邦人の感染情報がありましたら、お手数ですが当館に御一報ください。

 

○外務省海外安全ホームページ
https://www.anzen.mofa.go.jp/
○在タイ日本国大使館ホームページ
https://www.th.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html
○タイ保健省 疾病管理局(Department of Disease Control)
https://ddc.moph.go.th/viralpneumonia/eng/index.php
厚生労働省ホームページ
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html
厚生労働省(日本における水際対策の抜本的強化に関するQ&A)https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19_qa_kanrenkigyou_00001.html
厚生労働省新型コロナウイルスに関するQ&A)
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/dengue_fever_qa_00001.html
厚生労働省感染症対策の基本)
https://www.mhlw.go.jp/content/10900000/000593493.pdf
経済産業省PCR検査が受診可能なトラベルクリニック等のリスト紹介)
https://www.meti.go.jp/press/2020/07/20200703002/20200703002.html

 

(問い合わせ先)
○在タイ日本国大使館領事部
電話:(66-2)207-8500、696-3000
FAX:(66-2)207-8511
所在地: 177 Witthayu Road、 Lumphini、 Pathum Wan、 Bangkok 10330
(ウィタユ通り、ルンピニー警察署とMRTルンピニー駅のほぼ中間)

 

◎在留届を提出されている方は、記載事項変更(転居等による住所変更・携帯電話番号やemailアドレスの追加・変更等)、または帰国・転出等があれば必ずお知らせください。
◎在留届の提出義務のない3か月未満の短期渡航者の方(海外旅行者・出張者を含む)は、外務省海外旅行登録(「たびレジ」)を、ぜひ活用してください。登録者は、滞在先の最新の渡航情報や緊急事態発生時の連絡メール、また、いざという時の緊急連絡の受け取りが可能です。
・たびレジ:https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/index.html
・たびレジ簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は、以下のURLから停止手続きをお願いいたします。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete
◎緊急事態が発生した際、携帯電話のショートメッセージサービス(SMS) を利用し、 在留届や「たびレジ」に登録のあった携帯電話番号に当館より関連情報を送信したり、返信を求める事により安否確認を行う場合があります。本システムでは、原則タイの国番号(+66)を使用し、メッセージは半角英数字(ローマ字)で送信します。
・運用開始について:https://www.th.emb-japan.go.jp/files/000388576.pdf
・よくあるご質問:https://www.th.emb-japan.go.jp/files/000388577.pdf