アジア・フリーク(Asia Freak)

タイを中心にアジア探索の記録

ホセ・リサール(漫画)

ホセ・リサール【単行本版】

ホセ・リサール【単行本版】

 

 

 フィリピンの英雄ホセ・リサール博士(Dr.José Rizal)の生涯について、史実に基づきながら、創作を加えた漫画。

 

 スペインの圧政に対して、フィリピンの民衆に寄り添いながら、武力によらず、民衆ひとりひとりが学び賢くなることで、フィリピンの自由と平等を無血革命で達成しようと、銃殺刑の最期まで祖国に尽くした。

 

  • 中国では、政府の正当性の為、訴える市民を銃殺し戦車で轢き殺すなどした天安門事件
  • 香港の思想・言論の自由の問題。
  • アメリカでは、根深い人種差別。
  • カンボジアでは、主義のため、数百万の国民が犠牲となったポル・ポト時代。政敵を解党、逮捕などして政権を維持しようとするフン・セン政権。
  • 宗教のために、人間性や生命を貶める過激派組織。

 

 時代を経るにつれて、圧倒的な国家の力の前に、国民、市民は、どう対応すればいいのか、という問題意識がある。

 ホセ・リサールの生涯からわかることは、結局は、民衆ひとりひとりが賢くなり、人間がお互い敬意を以って対応(生命尊重)し、この思想を多くの人が共有することが、遠くても着実な道だ、ということ。

 

 例えば、中国では、海外に留学、ボーダレスにビジネスをする人たちは、多角的に物事を知ることになり、中国国内でも大きな影響があることから、中国政府はこれらの人たちを無視できず、真実を隠すこともできず、大気汚染などの環境問題にも対処せざるを得ないなどの変化(一種の無血革命)がみられる。

 

 国家や権力が武力で強大になったとしても、民衆ひとりひとりが賢く、お互いの生命を尊重するという思想が、より沢山の人に共有されることで、国家や権力を適切にコントロールできる可能性があるし、それ以外には方法がないのではないかとも思える。

 生命の尊厳ということを前提にすれば、軍、警察、国家権力についても、その性質はかなり変わるのではないかと思う。

 

 国家権力と民衆との関係について、ホセ・リサールの生涯から、大切な答えをひとつ得たと思う。

【タイ語】回転させる、回す

ปั่น

1.回す

ドリンクを頼む時、ปั่นと言えば、ミキサーに氷とシロップ、水を入れてスムージーにしてくれる。

ミキサーが無い時は、ไม่มีปั่นと言われる。

 

2.(口語)急いで作業し終えること

ปั่นงาน
ปั่นการบ้าน

ปั่น ทำ รายงาน

チャトチャック市場 〜 魚・水槽エリア

■チャトゥチャック植物市場

Chatuchak Fish Market

ตลาดปลา

 

■時間帯

毎日 7:00~18:00

※雑貨は土日曜日のみ。植物市は火・水・木曜日のみ。

 

Website

Chatuchak Market: Home of the World's Largest Weekend Market

Chatuchak Weekend Market - the world's largest weekend markets

 

■場所

チャトゥチャック・ウィークエンドマーケットの敷地内

 

  バンコクで熱帯魚マーケットといえば、チャトチャック市場が最大ではないだろうか。

  種類は、タイ産を始め、輸入品もあり、ざっと100種類ほどだろうか。

  値段は、一匹数バーツから数千バーツと、さまざま。タイで養殖されているベタだと稚魚が100匹100バーツ、Red Shrimpも路上で100匹100バーツで手に入る。

 

2020年5月3日(日曜日)

 今日、COVID-19の規制が一部緩和された。

 これまでは、道路に面した一部のアクアリアム店舗は、空いていたものの、エリア内は完全閉鎖されていた。

 今日、エリア内の店舗の半数ほどがオープンした。結構、人がいる。

 エリア内に入る一か所では、検熱をしていた。

f:id:asiafreak55:20200503171740j:plain

 長い間、閉めていたせいで、水槽には、魚があまりいなかったり、水草も少なく、弱っている状態が散見された。

 

f:id:asiafreak55:20200503171838j:plain

f:id:asiafreak55:20200503172936j:plain

f:id:asiafreak55:20200503172943j:plain

 いつもグッピーを多く売っている店舗では、水槽のみの販売。

f:id:asiafreak55:20200503172930j:plain

 

2017年9月9日(土曜日)

  以前、チャトチャック2(ミンブリ・マーケット)で買って、名前の分からなかった魚を発見。

  ようやく名前が分かった。

  通称 ram ラム แรม rææm というらしい。

  かなり丈夫な魚で、水槽のポンプが壊れて長時間、水槽内が酸欠状態でも動じる様子がない。

 

ブルー・ラム Blue Ram บลู แรม bluu rææm

f:id:asiafreak55:20170909172239j:plain

 

Gold Ram โกลด์ แรม gool rææm

※水槽にはラム・ゴールドと書いてある。

f:id:asiafreak55:20170909172234j:plain

 

คู่ ละ 200

KHûu lá sɔ̌ɔŋ rɔ́ɔi

クー・ラ・ソーん・ろーイ

ペア・につき・200

一組200バーツ

 

ผู้ + เมีย

PHûu gàb mia

プー・がっぷ・ミア

雄・雌

 

  学名は、ミクロゲオファーガス・ラミレジィ(Microgeophagus Ramirezi)。

  通常は、ラム(Ram แรม rææm)と呼ばれる。

 

  タイ語では、英語での俗称を翻訳した名称もある。

ปลา หมอ แคระ แรม เจ็ด สี

plaa mɔ̌ɔ KHrǽ rææm jèd sǐi

ぷラー・モー・クれ・レーム・じぇっと・スィー

魚・医者/予見者・小人の妖精・7・色

ปลาหมอ ぷラー・モー:キノボリウオ

→ 「七色の小人ラム」という名がついたキノボリウオの一種

サーラワット~綴り違いでボケかます

youtu.be

 

 『2gether』で演じるサーラワット(สารวัตร)役について、どんな役と尋ねられて、タイン(タイ語の発音はタイ)役の人が、サーラーワット(ศาลาวัด:お寺の休憩所)だよ、と軽くボケをかましたシーン。

 

 サーラワットは、綴り違い、発音違いで二通りある。 

 

สารวัตร săaráwátr サーらワっと:検察官、inspector

สาร săará サーら 文書+วัตร wátr ワっと 義務・職務

 

ศาลาวัด săalaawád サーラーワっと:寺院のあずまや、寺院にある休憩所

ศาลา săalaa サーラー あずまや・休憩所+วัด wád ワっと 寺 → お寺の休憩所

 

www.youtube.com

タイの事件特集 20200405


Live เรื่องจริงผ่านจอ l ช้างคลั่ง/ล่าท้าตำรวจ/ดิ่งเสาไฟฟ้าคิดสั้น/ควันไฟสยบคลั่ง

 

ผู้ ก่อ เหตุ

PHûu gɔ̀ɔ hèet

プー・ごー・ヘーと

【接頭辞】人・原因を作る・事故事件

問題を起こす人、トラブルメーカー

海外から帰国のタイ人、隔離措置を認めず

คนไทยกลับจากนอก ไม่ยอมกักตัว เจรจาวุ่น!

youtu.be

 

คน ไทย กลับ จาก นอก / ไม่ ยอม กัก ตัว เจรจา วุ่น !

KHon THai glàb jàag nɔ̂ɔg / mâi yɔɔm gàg tua jeenrájaa wûn

コン・タイ・ぐラっぷ・じゃーぐ・ノーぐ/マイ・ヨーム・がぐ・とぅア・じぇーンらじゃー・ウン

人・タイ・帰る・から・外/【否定詞】・認める・隔離・自身・交渉・混乱

外(外国)から帰ったタイ人/自信を隔離することを受け入れず、話し合いで混乱

 

 日本、アメリカ、シンガポールカタールから帰国したタイ人に対して、14日間、自宅へ戻ることも禁止し、隔離措置を取る方針を、係官が説明したところ、この措置を受け入れないとしたタイ人たちがスワンナプーム空港で一悶着。

 結果、全員、帰宅を許されたとのこと。

 

คน ไทย ที่ เดินทาง กลับ จาก ต่าง ประเทศ / ไม่ ยอม กัก ตัว

KHon THai THîi dəənTHaaŋ glàb jàag tàaŋ pràTHêes / mâi yɔɔm gàg tua

コン・タイ・ティー・ドゥーンターん・ぐラっぷ・じゃーぐ・たーん・ぷらテーと/マイ・ヨーム・がぐ・とぅア

人・タイ・【関係詞】~のことろの・旅行(移動)・帰る・から・違う・国/【否定詞】認める・隔離・自身

異国から帰った旅行者のタイ人が、自身を隔離することを受け入れず

 

มี การปะทะคารม โต้ เดือด กับ เจ้าหน้าที่

mii gaarpàTHáKHaarom tôo dɯ̀ad gàb jâonâaTHîi

ミー・がーンぱタカーろム・とー・ドゥアと・がぷ・じゃオナーティー

有る・言い争い・対抗する・怒って・~と・係官

係官との怒り心頭の言い争いがある

 

 COVID-19関連では、ニュースやfacebookなどでも、「กัก ตัว gàg tua(自信を隔離する)」という表現を、よく見かけます。